カテゴリー: ウディフェス

現時点でのウディフェス情報

ウディフェスの情報を出してから随分間があいたので、現時点で公開しているウディフェス情報を思い返しつつズラズラと書いてみます。

◆運営は私とユノさんとカル太さんの3人

◆テーマあり・なしが選べる
┗━テーマあり『とぶ』
┗━テーマなし
┗━特殊テーマ「ももプリ」

◆開催スケジュール(予定)
┗━作品応募期間:2019年2月14日(水)3月3日(日) 12:00くらいまで
┗━作品修正締切:2019年3月17日(日)12:00くらいまで
※応募締切が昼頃(12:00くらい)。(通称社畜枠‥‥)

私自身も何かしら応募したいと思っているのですが、まだテーマをどれにするか悩んでいます。せっかくなのでテーマなしではなく、どちらかのテーマで作りたいですね。

さて、運営側としてはずーーーっとウディフェス公式サイトのリニューアル作業中です。主にWebサイトの後ろ側のシステム(目に見えない部分)をユノさんとカル太さんがせっせと作っています。私もちょっぴりデータ移行の手伝いをしたりとか‥‥。

11月17日にはうでぃおふがあるので(参加予定)、何かしらの新情報を発表できたらいいな~(願望)‥‥と考えています。

カテゴリー: 雑記

映画のようなゲーム

最近「Detroit: Become Human(デトロイトビカムヒューマン)」というゲームにハマっていました。前作のHEAVY RAINにハマったので「今作もハマるだろうなー」と思ったら案の定ハマりました

映画をプレイしているような感覚が味わえるゲームです。「ゲームの操作はちょっと‥‥」という人でも、映画が好きなら是非遊ばせたい‥‥そしてそれを横から眺めたいw。

操作は『画面に表示されている通りにボタンを動かす』というシンプルなもの。よくクイックタイムイベント(QTE)なんて言われます。『ドアノブを回すときには、アナログスティックを回すように動かす』という、一見ややこしそうな印象を受ける操作感覚ですが、これがやってみると没入感が半端ないんです。特に緊迫したシーンだとめっちゃハラハラします。ゲームでこれだけハラハラしたのは、いつぶりだろうか‥‥。

そして何より凄いのが、行動分岐の圧倒的な量と作りこみ。普通だったらゲームオーバーになるような選択肢でも、ちゃんと続きます。まさに私だけの物語を作り上げている感じ。

イージーモードはもっとイージーな方が普段コントローラー握らない人にも遊んでもらえるよなーと思う反面、ちょっと面倒くさい操作(QTE)こそがプレイヤーと主人公のシンクロ率を高める効果を生んでいると思うので何とも悩ましいところ。

あー、次回作早くでないかなー(気が早い)。