カテゴリー: 雑記

最近のイースはアクションがサクサク・シナリオはまったり

最近イース8(PS4版)をクリアしました。
FF10のような古き良きストーリーRPGが遊びたい方にはぜひともオススメしたいゲームです。↓ダーナかわいい

私とイースシリーズの出会いは結構古く、そこそこリアルタイムに1~8まで追ってきています。シリーズを重ねるごとにシステムが大きく変化するので、色々と思うところはあるのですが、新作の9が楽しみなくらいには好きなシリーズです。

イースシリーズが大きく変化したのはイースSEVEN(2009年)だと思っています。正直SEVENより前と後で別ゲームシリーズのような感覚です。個人的にジャンプ機能の廃止は大きかったと思っています。ジャンプミスによる落下のストレスが半端なかったのです。。

そんなジャンプの代わりにダッシュ(回避)が追加されました。敵の懐にダッシュで飛び込んでザクザク倒してダッシュで離れる、このスピード感がイースらしくていいなと(元々イースの戦闘は体当たりだったのでスピーディだったのです)。

アクションのスピーディさとは対照的に、イベントパート(シナリオ)の演出時間が非常に長くなりました。単純にその分プレイ時間が伸びていきます。SEVENをプレイしていた時は「どうしてイベントをサクサク進めさせてくれないんだろう(早く探索と戦闘を再開したい)」と思っていました。

しかし、セルセタの樹海、今回の8をプレイして、「なるほど開発者の意図は、シナリオをゆっくりまったりと楽しんで欲しいということなんだな」とあらためて思いました。これが現在のファンに受け入れられているのだから、今後もこの傾向は続くのではないかと思っています。

アクションパートはキビキビサクサク、シナリオパートはゆっくりまったり、これが最近のイースらしさなのかなーと感じました。

なんだかんだでエクストラダンジョンもプレイして(サブクエや好感度イベやギャラリーコンプもやって)、57時間も遊んでしまいました。長かったーーー。もう少しシナリオのボリューム小さくてもいいのよw

カテゴリー: 雑記

映画のようなゲーム

最近「Detroit: Become Human(デトロイトビカムヒューマン)」というゲームにハマっていました。前作のHEAVY RAINにハマったので「今作もハマるだろうなー」と思ったら案の定ハマりました

映画をプレイしているような感覚が味わえるゲームです。「ゲームの操作はちょっと‥‥」という人でも、映画が好きなら是非遊ばせたい‥‥そしてそれを横から眺めたいw。

操作は『画面に表示されている通りにボタンを動かす』というシンプルなもの。よくクイックタイムイベント(QTE)なんて言われます。『ドアノブを回すときには、アナログスティックを回すように動かす』という、一見ややこしそうな印象を受ける操作感覚ですが、これがやってみると没入感が半端ないんです。特に緊迫したシーンだとめっちゃハラハラします。ゲームでこれだけハラハラしたのは、いつぶりだろうか‥‥。

そして何より凄いのが、行動分岐の圧倒的な量と作りこみ。普通だったらゲームオーバーになるような選択肢でも、ちゃんと続きます。まさに私だけの物語を作り上げている感じ。

イージーモードはもっとイージーな方が普段コントローラー握らない人にも遊んでもらえるよなーと思う反面、ちょっと面倒くさい操作(QTE)こそがプレイヤーと主人公のシンクロ率を高める効果を生んでいると思うので何とも悩ましいところ。

あー、次回作早くでないかなー(気が早い)。

 

カテゴリー: 雑記

ウディコンはじまった!

第10回ウディコン、応援中!

初日から24作品! 少しずつプレイしてみましたが、クオリティが高いですね。みなさんしっかりと作りこんでおられる!

今のところケモキャラ(獣人)が多い印象なので、ケモ好きな方は特にチェックですよ。

カテゴリー: 雑記

ウディコン第10回ッ!

ゲーム制作ツール『ウディタ』のコンテスト、ウディコン、今回が記念すべき10回目みたいです!

思えば、ウディタに出会った時がちょうど第1回ウディコンの時でした。フリーでありながら高機能で、私自身がその時のこういうのを創りたい(ドラクエと英雄伝説をリスペクトしたレトロRPG)」を表現するのに、あまりにもベストマッチなツールだったので、感動した記憶があります。あれから10年が経ったなんて!(‥‥あまりゲーム作れなかったですがorz)

10年かー。
10年という時が経ったというのに、私の精神年齢は結構止まっていますw。
10年前「わーい、ウォータースライダーたーのしー」
現在の私「わーい、ウォータースライダーたーのしー」

変わってない。
全然変わってないww。

変わった事といえば、仕事面では色々ありました。10年前はWEBデザイナーを志していたなー(遠い目)。WEBデザイナーにはなれなかったけれど、幸運にもWEB系の仕事をちょいちょいさせてもらえています。

きっと今の仕事の先に、自分の好きと得意が融合するジャンルがあるのだと信じているので、チャレンジ精神を忘れないように攻めの姿勢でやっていけたらと思っています。

話が大きく逸れましたが、それだけ10年という時間経過には色々と考えさせられました。その間、ゲームを開発しながらツールの開発もしていたウルフさんは本当にスゲーです。見習いたい。

10回目のウディコンは、募集開始が7月22日とのこと。例年通りなら22日0時ピッタリではなく、21日の23時XX分あたりから受付がはじまりますね。私は遊ぶONLYサイドで(最近すっかりゲームを作れなくなったorz)、ワクワクしながら待っていたいと思います。

カテゴリー: 雑記

ウディフェス外伝「10分ゲー」、来月開催します!

twitterで告知していますが、
来月2月14日からウディフェス外伝「10分ゲー」を開催します。

以下のプレゼン資料は、うでぃおふにて告知したものです。

開催の準備は、順調に進んでいます。(内部的な処理が多いため、火ねずみユノさんが超活躍しています。私ではなくユノさんに感謝しよう!)

10分ゲーということで、気軽なノリで楽しめるイベントになったらいいなと思っています。