メニュー画面のおおまかな仕様

今回は短めで。かなり初期のメニュー画面イメージです。たまたま出先で書いたので、絵を描くツールがなくてWindows標準のペイントツールとかその辺りでせっせと編集していたのを思い出します。

メニュー選択画面(左)・ステータス画面(下)

この時点ではメニュー項目にカーソルを合わせると、右にヒントテキストが出る仕組みを想定していました(上図のスキルPを振り分けて、主人公を強化しようの箇所)。

しかし、実際は「メニュー名をみればヒントテキストなんてなくても大体内容が分かるじゃん!」ということで、その場所には別のメッセージ(聖剣メッセージ)を表示することになりました。

装備画面(コマンド入れ替え画面)

装備画面。いやー、ザックリですなー。画面のイメージしか書いていないですね。右の一覧が1行に表示しきれない場合はどうするんだろう‥‥などなど、その辺りは実装担当者と話しあって決めるという流れだったのかも。

アイテム画面

これまたザックリですなー。アイテムは一度取ったらなくならない&アイコン表示行けるかもという話があったので、こういう画面を書いてみました。実際はアイコン作成分のリソースを別のところへまわして、テキストで表示することになりました。

セーブ・ロード画面

これはウディタ標準搭載のセーブ・ロード画面をベースとしています。ほぼそのままですね。名前やレベル等の表示位置等をカスタマイズしました。


スキル振り分け画面(未実装)

当初、主人公にはスキル振り分け機能を予定していたので、このような画面イメージを作っていました。いやー、最初は本当に機能を盛り込みすぎだったと思います。今思うと、スキル振り分けがあったらサクサク進行のゲームにはならなかったですね。


ところで、当時の資料を眺めていたらこんなものが出てきました。

今回の開発はスクラムという開発手法を用いていたのですが、私自身理解が追い付いていなかったため、pdf資料を印刷して読んでいました(紙の方がじっくり勉強できるというアナログ人間な私)。

絵はその時の落書きです。真面目に勉強しているのか、ふざけているのか(笑)

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です