(5)もう、やめようか‥‥(5/6)

私は、荒削りなシナリオをユノさんに渡して調整をお願いし、バトルに専念していました。しかし、そんな中で私は絶対に言ってはいけない言葉を口にしてしまいました。12月中旬のことです。

「今回書かれたシナリオ、捨てて下さい

ユノさんにとっては、仕事の合間をぬって、多くのプライベートを犠牲にして書いたシナリオだったはずです(しかもプロットの時点では承認していた)。それを私は捨てるように言ってしまいました。理由はありましたが、冷静に考えれば捨てるほどの理由でもなく‥‥。

ただ、その時の私は冷静ではいられない状態でした。リリースが近かった事や師走だった事、私自身もプライベートの多くを使い、とにかく面白いものを作りたいと躍起になっていたこと。でもそれだけ真剣なのはユノさんも同じな訳で‥‥。

「もう、やめようか」「このまま作っても面白くないから」

ユノさんの言葉を聞いてハッとしました。今回の開発は「3人で楽しく作る事」に重きを置いていたのでした。それを自分で完全にぶち壊している‥‥。私は今、なんてバカな事をしているんだろう‥‥と。3人で作ってきた半年間が走馬灯のように頭を駆け巡りました。次に私の口から出た言葉は、

「3人でこれまでやってきたことを無駄にしたくない」でした。

『うでぃおふ』のライトニングトークで、ワレヨンさん「チーム開発では、ダメ出しはしない方がいい」というような事を言われていたと思うのですが、まさにその通りです。私の判断は間違っていました。

 

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です