(2)何を作るのか(2/6)

2016年5月某日。打合せが終わって帰宅すると、早速ユノさんからヒアリングシートが送られてきました。素早い。

今回は『3人が楽しく製作できるゲームを作る』ということが目的の一つになっていたので、こういった方法はまさにピッタリに思えました。もし誰かがゲームの企画者となって作る物を決めるというやり方なら、別の方法になっていたことでしょう。

これで大まかにどのようなものを作るのかが決まりました。ユノさんは決まった事の取りまとめ(主に企画の進行役)、真波さんはバトルのプロトタイプ作成(プログラム全般ですね)、私は世界観の構築に取り掛かりはじめました。

すこぶる順調な船出でした。

上の落書きは、世界観を考えている時に書いたと思われるもの。80年代のゲームによくあったファンタジー世界、ソードワールドとかその辺に近いものを考えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です